1. TOP
  2. 導入事例
  3. 日鉄ケミカル&マテリアル株式会社様

TRUST SI導入事例(JDE/Magic xpi)

JD Edwards EnterpriseOne(会計・流通・製造)/Magic xpi導入
日鉄ケミカル&マテリアル株式会社様

会社概要

事業概要
日鉄ケミカル&マテリアルグループの化学事業分野を担う中核企業。製鉄事業に関連して発生するコールタール、コークス炉ガスなどの有効活用を中心とする、総合的な製鉄化学事業に石油化学事業を加え、炭素材、工業用ガス、化学品、合成樹脂など、幅広い分野に事業を展開。さらに各種スペシャリティケミカル製品、潤滑材、電子材料を 事業化するなど、特色ある芳香族化学の技術を生かし、産業社会の多様なニーズに応える。
従業員
連結1,705名(2014年3月末)
売上
230,130百万円(2014年3月末)

プロジェクトの目的

製品とサービス

課題

ソリューション

■ JD Edwards EnterpriseOneの再評価
→既に容量単位での原価まで捉える機能を実装済み

■ システム基盤を一元化、統一を図る
→Data Center(NSソリューションズ)の利用
→標準OSを"Windows Server"とする。
→標準DBMSを"Oracle11g"とする。
→RPG/CLプログラムのToolsへの書き換え。

■ EAI基盤(Magic xpi)の導入
→MC Frame、BIとのデータ連携(100種類)を実現。
→データ連携、ジョブ実行の自動化を推進

システムの特徴
→受注・購買・生産・在庫・会計の"一気通貫"システム
→EAI基盤を導入し、エンドユーザーまでを統合
→手作業を極力廃し、内部統制を実現。

プロジェクト体制のスケジュール

導入効果

受発注、生産、在庫の実績把握が迅速に行えるように顧客、現場からの問い合わせにタイムリーに回答可能になった。

マスターの正規化、データの一元化を実現し、一貫性を持ったシステム運用を可能とした為、業務・作業の標準化と効率化が実現できた。

アプリケーション基盤をデータセンターで一元化できた為、約100種類に及ぶデータ連携を自動化し、内部統制に対応する事ができた。

パフォーマンス改善要求、ディスク容量不足の解消、Windows XP問題の解消等様々な問題を解決でき、将来に亘るシステム基盤を確立できた。

※JD Edwards EnterpriseOneはオラクル社の登録商標です。
※Magic xpiはマジックソフトウエア・ジャパン株式会社の登録商標です。